スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
イルカの先に見えるもの。。。(御蔵島への小さな旅のはじまり)
イルカの群れ

初めて野生のイルカを見たのは何年前かな?
(遠い目をしてます。。。)

あれは、カリブ海、タークス&ケイコス諸島
イルカの名前は”JOJO”
ハーミットドルフィン、はぐれイルカで
群れから離れ、一頭だけで島の周りで暮らしているイルカでした

初めは、”イルカに会いたい”ただそれだけでした。

やっとの思いで、”JOJO”に会うことができ
(中略です、、、いろいろありましたよ、、、うんうん!)
日本に戻りました。

そして、次に野生のイルカに会ったのが 御蔵島

それまで
“自然”と呼ばれるものにあまり縁が無かった僕でしたが
イルカとの出会い(正確にはイルカと出会うために出た旅)を
通じて僕の内面にいろいろな変化が起き始めていて

御蔵島で島の人に森を案内をしてもらい
もちろん海ではイルカに会い
海と森、しっかり自然を体験するうちに

気が付けば、僕は
”イルカが好き” から ”イルカも含む自然が好き”
になっていました。

しかも、御蔵島は海と森がすぐそばで
そのつながりも大変にわかりやすい!

”なんて素敵な島だ”。



その頃はイルカブームのはじまりの頃で
御蔵島へイルカに会いにやってくる人たちは
海でイルカと泳ぐだけで
森へなんか行かないのが、殆どでした。。。

“もったいないなぁ〜”


イルカだけでなく、森の自然の楽しさがこんなにあるのに・・・
海の自然と森の自然のつながりがこんなに判り易いのに・・・

そして、価値観さえ変えるチャンスなのに・・・

もったいない!



皆にも、イルカの海の魅力を! 
そして、その先にひろがる
海の自然、森の自然の素晴らしさを伝えたい!


その思いで、“御蔵島への小さな旅”、は始まりました。


イルカと泳ぐ体験は本当に素晴らしいものです
そして、その先にある海の自然、森の自然、そのつながりは
さらに素晴らしいものです!

もう、イルカと泳ぐだけでは、もったいないですよ!!

是非!案内させてください。御蔵島。。。


ネイチャーガイド〜風の道〜 http://www.kazenomichi.jp/

イルカ
Comments*2 / Trackbacks*1
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments★
私もです。
物心ついたときからイルカが大好きだったけど、
3年前に初めて御蔵島でイルカと泳いで、御蔵島で
いろんなものと出会って、自分の中でいろいろ
ものの捕らえ方が変わったような気がしています。
(まだ発展途上ですけどね^^)
今まで4回イルカと泳いだけど、そのうち3回は
ヒトミンに案内してもらったんですよね!
最初はイルカを見たい!と思ってたけど、今はちょっと
違います。イルカのおうち訪問させてもらう感じ^^
そして海とつながっている森や人の暮らしや環境にも
興味がわいてきました。

ヒトミンの旅では、仲間たちとイルカとイルカを取り巻く
自然と、一体になれた感が本当によかったです。
また今年も一緒に行けるかな〜。
ベッキ〜♪
2006/04/27 10:26 AM
ベッキ〜
お久しぶりです、コメントありがとうございます。

人もイルカも自然の一部
同じ地球の一部
当たり前の事なんですよね、きっと

難しく考えないで
当たり前の事を当たり前に受け入れていれば
きっと、いろんな事が変わり始めるのでは
(そうあって欲しい・・・)

では、また御蔵で会いましょう!
ヒトミン
2006/04/27 3:01 PM
☆CommentForm★










☆TrackbackURL★
http://winds.jugem.cc/trackback/102
☆Trackbacks★
イルカに後ろ足?について 退化したはずの第4のヒレを持つイルカが 和歌山県太地町立くじらの博物館から 公開された。 胸びれ、背びれ、尾びれとは別に 生殖器の脇に第4のひれを持つイルカを捕獲したと 発表した。 進化の過程で失われた第4のヒレ。
悩み相談:教育相談:子育てのコツ
2006/11/06 12:32 AM
InternetExplorer Only